忍者ブログ
このブログは管理人である、るかの趣味のポケモンを中心に展開していく模様  動画に関係ないことも書きます
Admin  +   Write
はい、DUEAも発売されましたね

色々なカテゴリカードが登場&強化され、ガチデッカーの方もファンデッカーの方も色々大変そうです

とりあえず私はオッドアイズが2枚ホロで当たったのでサティスファクションしました

そんな中で素晴らしいテーマにも関わらず、他のテーマのせいでイマイチ盛り上がりに欠けている「竜星」のカード紹介をしていきたいと思います


ではカードの説明といきましょう

まず、竜星の特徴としてメインデッキに入るモンスターは全て以下の効果を持っています

「(カード名)」のこの効果は1ターンに1度しか使用できない。
自分フィールドのこのカードが戦闘・効果で破壊され墓地へ送られた時に発動できる。
デッキから「(カード名)」以外の「竜星」モンスター1体を(指定された表示形式で)特殊召喚する。

俗に言われるリクルーターですね

同名以外を被破壊時にデッキからssできます

これによって常に戦線を維持できます


さらに竜星には更なる効果があります

ターンに1度、相手のメインフェイズ及びバトルフェイズに発動できる。
自分フィールドの「竜星」モンスターのみをS素材としてS召喚する。

これはシンクロモンスター及びチューナー以外に共通するテキストです

シンクロするためにはチューナーが必須なのは変わりありませんが相手ターンによるシンクロは非常に強力です

サクリファイスエスケープも出来る以外にCIP(召喚時効果)で除去効果を持つモンスターなら擬似的に妨害カードにもなりえます



それでは各カードの紹介


まずはモンスターから


炎竜星-シュンゲイ

効果モンスター
星4/炎属性/幻竜族/攻1900/守 0
「炎竜星-シュンゲイ」の(1)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分フィールドのこのカードが戦闘・効果で破壊され墓地へ送られた時に発動できる。
デッキから「炎竜星-シュンゲイ」以外の「竜星」モンスター1体を守備表示で特殊召喚する。
(2):1ターンに1度、相手のメインフェイズ及びバトルフェイズに発動できる。
自分フィールドの「竜星」モンスターのみをS素材としてS召喚する。
(3):このカードをS素材としたSモンスターは、攻撃力・守備力が500アップする。

デッキの核になるモンスターの1枚

S素材にするとシンクロモンスターの攻守が上がります
高レベルモンスターの500の差は大きいですよね

このモンスターのステータスも非常に優秀で1900/0とアタッカーとして十分な数値であり、カメンレオンによって釣り上げるることができます

カメンレオン1枚から☆8シンクロはとても魅力的です


地竜星-ヘイカン

効果モンスター
星3/地属性/幻竜族/攻1600/守 0
「地竜星-ヘイカン」の(1)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分フィールドのこのカードが戦闘・効果で破壊され墓地へ送られた時に発動できる。
デッキから「地竜星-ヘイカン」以外の「竜星」モンスター1体を守備表示で特殊召喚する。
(2):1ターンに1度、相手のメインフェイズ及びバトルフェイズに発動できる。
自分フィールドの「竜星」モンスターのみをS素材としてS召喚する。
(3):このカードをS素材としたSモンスターは、戦闘では破壊されない



こちらもカメンレオン対応のモンスター

付与する能力は戦闘耐性です

悪くはないですが、シンクロモンスターに戦闘耐性はあまり欲しい時がなかったり

もちろん、あるに越したことは無いですが




水竜星-ビシキ

効果モンスター
星2/水属性/幻竜族/攻 0/守2000
「水竜星-ビシキ」の(1)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分フィールドのこのカードが戦闘・効果で破壊され墓地へ送られた時に発動できる。
デッキから「水竜星-ビシキ」以外の「竜星」モンスター1体を攻撃表示で特殊召喚する。
(2):1ターンに1度、相手のメインフェイズ及びバトルフェイズに発動できる。
自分フィールドの「竜星」モンスターのみをS素材としてS召喚する。
(3):このカードをS素材としたSモンスターは、罠カードの効果を受けない。


こちらは守備的なステータス

レベルも低く、打点も低いのでジャンクロンやデブリで釣り上げれます

付与する能力は罠耐性

シンクロモンスターには非常に嬉しい能力です

奈落激流強制脱出にかからないのはとても強力です

ただし、召喚無効系は止めれないのでご注意を


風竜星-ホロウ

効果モンスター
星1/風属性/幻竜族/攻 0/守1800
「風竜星-ホロウ」の(1)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分フィールドのこのカードが戦闘・効果で破壊され墓地へ送られた時に発動できる。
デッキから「風竜星-ホロウ」以外の「竜星」モンスター1体を攻撃表示で特殊召喚する。
(2):1ターンに1度、相手のメインフェイズ及びバトルフェイズに発動できる。
自分フィールドの「竜星」モンスターのみをS素材としてS召喚する。
(3):このカードをS素材としたSモンスターは、魔法カードの効果を受けない。

このモンスターも守備的なステータス

付与する効果は魔法耐性

ブラックホールや月の書、聖槍から守れるのは罠耐性ほどではないにしろ強力です




光竜星-リフン

チューナー(効果モンスター)
星1/光属性/幻竜族/攻 0/守 0
「光竜星-リフン」の(1)(2)の効果は1ターンに1度、いずれか1つしか使用できない。
(1):自分フィールドのこのカードが戦闘・効果で破壊され墓地へ送られた時に発動できる。
デッキから「光竜星-リフン」以外の「竜星」モンスター1体を特殊召喚する。
(2):このカードが墓地に存在し、自分フィールドの「竜星」モンスターが
戦闘・効果で破壊され墓地へ送られた時に発動できる。
このカードを墓地から特殊召喚する。
この効果で特殊召喚したこのカードは、フィールドから離れた場合除外される。

このデッキの中核

これが無いと動けません

現在竜星の唯一のチューナーです

自己再生能力もあり、非常に盤面に残りやすいです

レベルも1とあらゆるシンクロに使用でき、攻守ともに優秀です




輝竜星ーショウフク

シンクロ・効果モンスター
星8/光属性/幻竜族/攻2300/守2600
チューナー+チューナー以外の幻竜族モンスター1体以上
(1):このカードがS召喚に成功した時、
このカードのS素材とした幻竜族モンスターの元々の属性の種類の数まで、
フィールドのカードを対象として発動できる。
そのカードを持ち主のデッキに戻す。
(2):1ターンに1度、自分フィールドのカード1枚と
自分の墓地のレベル4以下のモンスター1体を対象として発動できる。
そのフィールドのカードを破壊し、その墓地のモンスターを特殊召喚する。

幻竜族専用のシンクロモンスター

1つ目の効果はCIPによりシンクロ素材とした幻竜族の属性の数だけデッキバウンスという超強力モンスターです

簡単に言えば、シュンゲイ+ヘイカン+リフン

この組み合わせなら3枚のバウンスですね

竜星は相手ターンにシンクロできるので相手からしたらたまったモンじゃないです

そして、なんとチューナーの指定は無い為、カメンレオンやジャンクロンで出すことも可能ですよ


2つ目の効果は自分の場のカードと墓地のモンスターを入れ替える効果です

蘇生対象は☆4以下と限定されていますが、それよりも能動的に自分のカードが破壊できることに意味があります

他の下級竜星を破壊すればリクルートにより+1アドです

使用後の残ってしまったリビデも活用できるのもいいですね





次は魔法の紹介です




竜星の輝跡

通常魔法
「竜星の輝跡」は1ターンに1枚しか発動できない。
(1):自分の墓地の「竜星」モンスター3体を対象として発動できる。
そのモンスター3体をデッキに戻してシャッフルする。
その後、自分はデッキから2枚ドローする。


これは強いですね

シンクロデッキなのに竜星専用の貪欲な壺です

戻す枚数が少ないのを強いととるか弱いととるか


それは人それぞれだと思いますが私個人は強いと思っています







グラディアルリターン「」






竜星の気脈

永続魔法
(1):自分の墓地の「竜星」モンスターの属性の種類の数によって以下の効果を得る。
●2種類以上:自分フィールドの「竜星」モンスターの攻撃力は500ポイントアップする。
●3種類以上:自分フィールドの「竜星」モンスターが戦闘・効果で破壊される場合、
代わりにこのカードを墓地へ送る事ができる。
●4種類以上:相手はモンスターをセットできず、
相手フィールドの表側表示モンスターは全て攻撃表示になる。
●5種類以上:このカードを墓地へ送って発動できる。
フィールドのカードを全て破壊する。


少し使いにくい印象ですね

使うならピン刺しとかで使うことになりそうですかね




次は罠を見ていきましょう




竜星の具象化

永続罠
(1):1ターンに1度、自分フィールドのモンスターが
戦闘・効果で破壊された場合にこの効果を発動できる。
デッキから「竜星」モンスター1体を特殊召喚する。
(2):このカードが魔法&罠ゾーンに存在する限り、
自分はSモンスター以外のモンスターをエクストラデッキから特殊召喚できない。


展開の起点になるカードですね

シンクロ以外にエクストラから召喚できない制約がありますが、竜星では殆どシンクロによる制圧になるので気にならない感じです

竜星は相手ターンでのシンクロが可能なため、相手の破壊に合わせて発動できればシンクロの準備も整います

罠なのが遅いとも言えますが、相手に見せずに入れるのは強いですよね



竜星の極み

永続罠
(1):このカードが魔法&罠ゾーンに存在する限り、
攻撃可能な相手モンスターは攻撃しなければならない。
(2):自分または相手のメインフェイズ及びバトルフェイズに
魔法&罠ゾーンに表側表示で存在するこのカードを
墓地へ送ってこの効果を発動できる。
「竜星」モンスター1体以上を含むモンスターを素材としてSモンスター1体をS召喚する。


攻撃を強制する効果ですね

強制突撃命令のような効果ですが、守備モンスターへの強制力はなくなっています

代わりに竜星以外を使用したシンクロを相手ターンに可能としています





・・・実はこのカード、発売当日は相手モンスターをもシンクロ素材にしようできる、
という超融合もビックリのスーパー超シンクロだったのはKONMAIの黒歴史







と、まぁ、長くなりましたが、紹介は一通りしていきました

注目度はシャドールやテラナイトに比べると低いものですが、
正直、シンクロというギミックをメインに扱う時点で相当なポテンシャルだと私は思っています

では次回は竜星のデッキレシピを上げたいと思います
PR
Comment
color
name
subject
mail
url
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
プロフィール
HN:
るか
性別:
非公開
職業:
学生
趣味:
ポケモン
自己紹介:
ポケモン:メガシンカ統一
     5世代構築
ニコニコ動画にて動画投稿中
最高レート2010
twitter:@pokeruka
ブログ内検索
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
リンク
ルカウンター
material by bee  /  web*citron
忍者ブログ [PR]